気が気でなければなんなのさ

ゆとり世代就活生のどうにかなっていくか、もしくはどうにもならない様子。キタガワは母方の旧姓。

分解する・メイクマネー

 家の前の道路は大きい割に全然車が通らなくて、たまに超ゆっくり豆腐屋のトラックが通っていく。ぱー、ぷー、豆腐屋です。

 夕焼けと一緒に背景の効果音としてなんとなく使われがちな音、最近、というかうちの近所を徘徊してるやつの場合はラッパを吹くんじゃなくて豆腐屋のトラックに積まれたスピーカーから流れていて、近くで聞くとなんやけっこう音がでかいし耳にしんどい帯域がでていることがわかって、でもサンルームが暖かいからずっとそこで本読んだりブログ書いたりして、豆腐屋のトラックがゆっくりどっかに行くのを待つ。ぱー、ぷー。ぱー、ぷー。ぱー、ぷー。ぱー、ぷー。ぱー、ぷー。ぱー、ぷー。ぱー、ぷー。ぱー、ぷー。ぱー、ぷー。ぱー、ぷー。

 おとなりのお爺ちゃんがドエラい長い時間かけて買い物していた。

 フェノメナルという音楽を中心に色々な記事を取り扱ってるサイトの、いつだったかも読んだ、「トーフビーツが神戸大学の講義に呼ばれた」というお話を読み返した。トーフビーツのコラムだったりインタビューだったりは面白くて毎回チェックしているし、できることなら今回の話も聞きたかったなと思うというか神戸大学経営学部って高校時代の知り合いがおるやんけと思ったら本当にそいつっぽい奴が写真に映っていた。これ秘密な。

 「あんたは何がしたいねん」というお話で、つまり音楽を作ることと演奏することとプロデュースすることと売ることとそれを同人でやることと職業のためにやることと、というか単純に音楽のジャンルだけ考えてもたくさんあるし、それらはぜんぶ違う行為なんだよなやっぱり、というちょっと考えてみれば当たり前のことをやっぱりもう一回確認しておかないといけないっぽい。「クズの本懐」は今日放送分に追いついたけど、主人公のライバル役に皆川茜先生というハイパークソ女が登場している。

 クソ女というのは相手の都合を顧みず自分勝手に動くからクソ女なんだけど、自分勝手ということはつまりやりたいようにやっているということであり、「やりたいことが判然としている」という点を評価しないといけない。「恋愛」の因数分解。ひとを好く、好かれる、好きであることを伝える、伝えられる、物理的接触を試みる、物理的接触を試みたい対象として見られる、性欲と独占欲と承認欲求と嗜虐心エトセトラエトセトラ、ぜんぶ違うということを皆川先生はそれがわかっていて、じゃああたしはこれとこれが欲しいです、というのを絞って割り切って目標達成に一目散。利害関係で利になると思えばどんどん寄っていくわけです。


tofubeats(トーフビーツ)- STAKEHOLDER

君と利害関係したい。

 わかってるけどムズいのは、「あんたは何がしたいねん」を自分に問うことで、考えれば考えるほどわからなくなってくる。「これするのが好き」はあるけど「これしてお金稼ぐ」ことをわたし本当に好きになれるかしら。ぐるぐるぐるぐる考えすぎてしまうクセのあるわたしは「そんなんやってみーひんとわからんやんか」ということを言われがちである。せやけどな。

 こっちは反転した考え方のほうだけど、お金ないと死ぬし。キャッシュルールエヴィシンアランミー、クリーム!これはこれで重要なテーマというか、切迫感はこっちのほうが高い。

 如何せん自力でお金を稼いだ経験というのがほッとんどなくて、そのちょびっとの経験で赤の他人からお金を受け取る時特有の責任の重苦しさとかそういうのに結構やられちゃってるんだけど、なにはともあれそこから慣れていかないといけない気がしてて。2000字弱使って何を前置きしているのかと言えば、じゃあアフィリエイトとかいう横道からセコセコお金稼ぐ方法を一度試してみましょうか、ということなのでした。